格安スマホを選ぶ際にまず気にして欲しいポイント

三大キャリアのどの回線を借りているか

格安SIMがどの三大キャリアの回線を借りているか、はポイントの一つです。
大手携帯電話会社から購入したスマホには、SIMロックというロックがかかっているため、例えばNTTドコモで買ったスマホはNTTドコモの回線を借りている格安SIMしかそのまま使うことができません。もし、auのスマホを使っている方が「NTTドコモ回線を借りている格安SIMにしたい」となったときは、SIMロックがかかっていない新しいスマホ(SIMフリー端末)を用意するか、「SIMロック解除」という作業をしなければ使えません。ただし、SIMロック解除をしても、動作確認(SIMロック解除後、その格安SIMで使用ができる端末であるかの確認。動作確認済みでなければ動作しない場合があります。)がされていない端末である可能性もあるなど、問題もあるようです。
そのため、現在使用している携帯電話をそのまま使用するのであれば、携帯電話会社がauであればau、ソフトバンクであればソフトバンクの回線を借りている格安SIMを選ぶ、というのが無難なようです。

 

セット購入できるスマホの種類

新しくスマホを購入する場合、セットで購入できる機種は、会社によって異なります。筆者の場合、使用していたスマホが壊れてしまったため端末の購入もする必要がありましたが、欲しい端末をセット購入できる会社がほとんどなく選択肢が狭まってしまうため、結局SIMフリー端末を別途購入し持ち込んで契約をしました。機種にこだわりがないので端末代金も安くすませたい、というような場合は、キャンペーン期間中で端末が安く購入できる格安SIMも選択肢の一つになるかもしれません。

 

Screenshot of www.am-one.co.jp

スマートウォッチは自分のスマホと自身のライフスタイルに合ったものを

Suicaや電子マネーに対応しているか

通勤・通学時に定期を出すのが面倒な場合や、コンビニなどでちょっとした買いものをしたいときに、Suica機能や電子マネー機能があると便利です。定期入れや財布を鞄から出す手間が無くなります。Apple WatchにはSuicaが搭載されているため、交通機関やお店で使うことができます。

 

ヘルスケア機能で選ぶ

ダイエットや健康維持、ワークアウトをする方には、歩数計や心拍センサー、加速度センサー、睡眠検知機能などがついているものがおすすめです。日々の移動距離や、ランニング時には走る速度も測ることができ、ウェアラブル活動量計(アクティブトラッカー)のように使うことができます。特定のアプリと連携させることで、消費カロリーを記録できる機種もあります。

 

アウトドアに便利な機能で選ぶ

アウトドアでの利用を考えている方は、GPSやジャイロセンサーなどの、便利な補助機能で選ぶこともおすすめです。画面上に地図を表示したり、高度や気圧変化を計測できる商品もあります。

 

防水・防塵性能で選ぶ

スマートウォッチは腕に着けて使用するため、洗い物で水がはねたり雨に当たっても大丈夫なように、防水機能や防塵機能があるものがおすすめです。防水・防塵性能の等級は、IPという記号で表します。日常の使用ではIPX4以下でも問題ないと言われていますが、スポーツをする場合にはIPX5以上の防水機能があると安心です。

 

充電が不要な電池式も

電池式タイプのスマートウォッチもあります。充電が不要なので、通常の腕時計と同じように使うことができます。スマートウォッチの充電を忘れてしまうのが不安な方や、長時間続けて使用したい方におすすめです。電池切れの心配をせずに、アウトドアシーンでも安心して使うことができます。

 

Screenshot of heim.jp

2020年新型iPhone(iPhone9)はちょっと高めの価格になるか?

iPhone9(iPhone SE 2)の価格ですが、少し前の噂だと約8万円で安価な料金で予約ができるという事でしたが、ここにきてiPhone9(iPhone SE 2)の価格が若干高くなるのではという噂がされています。
iPhone9(iPhone SE 2)の価格は9万円ほどになると予想されています。

ちなみに、iPhone XS、iPhone XS MAXの価格は下記のように予想されています。

◇ iPhone XS:112,800円

◇ iPhone XS MAX:12万円

◇ iPhone9(iPhone SE 2):89,800円

それでも、iPhone9(iPhone SE 2)は10万円を切る価格なので、今回の見機種変更ではiPhone XSより予約が多くなると予想されています。

 

Screenshot of xn--iphone9-fq4k0865a.com

iPhoneが破損した!修理するのと買い替えるのとではどちらがお得?

iPhoneが破損してしまった際、キャリアショップで本体を買い替えた場合と修理店で修理した場合、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

[買い替える場合]

メリット

・新機種を選べる
・本体が新品になる
・買い替えた当日であれば正規保障の加入ができる

 

デメリット

・端末が変わるため、状態によってはバックアップが取れない
・未成年の方は親御さんの了承が必須
・契約者本人じゃない場合に色々な手続きが必要

 

[修理する場合]

メリット

・基本的にパーツ交換ではデータが無くならない為そのまま修理に預けられる
・故障個所によりますが、作業時間は15分~1時間ほどとiPhoneが手を離れている時間が短い
・未成年の方でも契約者以外の方でも、どなたでも修理依頼可能

 

デメリット

・非正規店で修理をすると、メーカー保証が受けれなくなる可能性がある。
・修理箇所が多すぎるとその分修理費用も高額になる
・最近だと大きい店舗も増えましたが、多少お店を選ばないと不安。

 

Screenshot of www.iphonerepair-shinjuku.com

AndroidからiPhoneへ機種変更 LINEやゲームアプリのデータ移行の方法

LINEやゲームアプリは、アプリ内での引き継ぎ設定が必要

ゲームアプリの場合は、引き継ぎコードを発行し、新端末でコードを入力するとゲーム内容を引き継ぐことができます。

LINEの手続きは以下の手順で行いましょう。

1.旧端末でメールアドレスとパスワードを登録→「アカウントを引き継ぐ」をオン
2.新端末にLINEをインストールし、ログインする

2.のときに、誤って「新規登録」してしまうと、友だちリストもスタンプも全部消えてしまうので十分に注意しましょう。

AndroidからiPhoneに移行できるデータと、できないデータは以下の通り。

 

◯ 移行できる

プロフィール
友だちリスト
スタンプや着せ替え
ノートやアルバム
タイムライン/ホーム
「Keep」で保存したデータ
LINEゲーム等のデータ

 

× 移行できない

トーク履歴
コイン残高

 

残念ながら、AndroidからiPhoneへの機種変更ではトーク履歴は残すことができません(Android同士、iPhone同士での機種変更では一部可能です)。

どうしてもトーク履歴を保存しておきたい場合は、スクリーンショットなどで残しておくと良いでしょう。

Screenshot of hikari.netde-pc.jp

2019年新iPhoneをサクッと予約!他人より早く入手するポイントとは?

新作のiPhoneを他人より早く手に入れるときの確実な方法として、予約日にキャリア(au・ソフトバンク・ドコモ)の店舗に並んで予約するという方法があります。
上記のような方法は確実なのですが、予約日が金曜日16時1分からとほぼ確定のため社会人には不可能となります。

さすがの私でもiPhone XI(11)のために、仕事を休んだり半休とったりはしません。

そこで、会社にいながらでもiPhone XI(11)を1分で予約する裏技を教えます。

裏技といっても、各キャリア(au・ソフトバンク・ドコモ)のオンラインショップより予約をするだけです。

ただしiPhone XI(11)の予約開始16時1分より普通に予約をしていると時間がかかってしまうので、いくつかポイントがあります。

 

Screenshot of xn--iphone11-600mw259a.com

今年の次期iPhoneは「iPhone 11 Pro Max」と噂されているらしい

今年もおそらく秋には、次期iPhoneが投入されることでしょう。すると気になるのが、その名称。海外では、「iPhone 11 Pro Max」なんて製品名が噂されていますが…はたして本当なんでしょうか?

iPhonesoft.frが手に入れたケースメーカーのESRの文書よれば、今年は「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」というフラッグシップiPhoneが投入されるそう。さらに、「iPhone 11」というモデルも準備されているとしています。

名称からも想像できるように、iPhone 11 Proは「iPhone Xs」の後継機種、iPhone 11 Pro Maxは「iPhone Xs Max」の後継機種、iPhone 11は「iPhone XR」の後継機種になるのでしょう。Maxの名称が継承されるのは、賛否が分かれそうです。

Screenshot of www.gizmodo.jp

海外でiPhoneなどスマホでネット利用するにはどうしたら良いのか

海外でiPhoneなどスマホを使う方法を知る!

海外旅行に行っても日本にいるときと同じように、iPhoneを使いたい。でも、何も知らずに海外でスマホを使うとパケ死して何十万もの請求が来てしまったという怖い話も聞いたことがある。そんな海外でのインターネットに不安を感じでいるあなた。まずは海外でiPhoneやスマートフォンでインターネットを利用するにはどんな方法があるのか、見てみましょう。

 

海外用WiFiルーターをレンタルする

イモトのWiFi イモトのWiFi ポケットサイズの海外用WiFiルーターをレンタルして、自分のiPhoneやスマホでネット接続する方法です。 イモトのWiFiレンタルなら1日あたり定額680円から利用できるので、旅行中に地図、翻訳などのアプリやネットを安くフル活用したい人には最もお得に使えるサービスです。ただし、少しでも荷物が増えるのが嫌という方にはおすすめできません。

現地のホテルや公共施設のWiFiスポットを利用する

WiFiスポット WiFiスポット 駅・空港などの公共機関や、カフェなどの店舗に設置されたWiFiスポットを利用する方法。ただし無料スポットはセキュリティ面に不安があるのに加え、店舗が提供しているWiFiサービスは無料とは限らないので現地で確認が必要です。接続パスワードなどが店内で案内されてない場合は店員に聞いてみましょう。また、ホテルのWiFiは海外では壊れていて使用できないケースがよくあるので、その辺のリスクも視野に入れておきましょう。

携帯会社の海外パケット定額を利用する

携帯会社の海外パケット定額 携帯会社の海外パケット定額 自分が使用しているiPhoneやスマホから、現地の通信会社の回線に接続してインターネットを使用する方法です。料金が1,980~2,980円とほかの方法と比べると割高で容量も少ないですが、最も手軽に利用可能です。設定を間違えると高額請求になってしまうので注意しておきましょう。

 

Screenshot of www.imotonowifi.jp

新作のiPhoneは誰よりも早く手に入れたい!発売日近くに手に入れるには?

2019年秋に発売予定のiPhoneですが、昨年のiPhoneをiPhone Xs、iPhone XRと予想したTwitterユーザーCoinX氏(@coiiiiiiiin)が、iPhone Proになると予想しているようです。

 

iPhone Pro(プロ)の発表、予約、発売日を予想してみる

iPhone Pro(プロ)が正式に発表されるのは、9月初旬に行われるアップルイベントです。
その同じ週の金曜日16時1分に予約が開始されて、iPhone Pro(プロ)予約開始日の1週間後に発売される予定です。
そのため、iPhone Pro(プロ)の発表日がわかれば、おのずと予約日と発売日がわかるんです。

それで今年のiPhone Pro(プロ)の発表日なんですが、レイバーデイ「労働者の日」が9月2日のため、翌週の火曜日9月10日が発表日と予想されています。
それでに伴い、同じ週の金曜日9月13日金曜日がiPhone Pro(プロ)の予約開始日、翌週の9月20日(金)が発売日と予想されます。

Screenshot of xn--iphone11-600mw259a.com